ICO規制の幕開け

スポンサーリンク

ばんは!shimaです!ヾ(´ω`=´ω`)ノ

今日のビットコイン相場は少し下がってますが、上昇して来てますね!現在の価格は89.1万円、マーケットキャップは411.0億ドル(▲24.3億ドル)、ドミナンスは34.3%(+0.3%)、BTC+BCHドミナンスは39.7%(+0.2%)となっています。

今日は一転して下げてましたがここに来て回復しています。ですがビットコインの大きな回復は来週あたりかなと思います!今買うならリップルかなと。。。

さて、今日は日経新聞にブロックチェーンラボが金融庁からの警告を受けたとの事で紙面に載っていました。

当ブログはブロックチェーンラボからの案件も掲載していましたのでラボからの返答がありましたからご報告させていただきます。ブロックチェーンラボは金融庁の警告をもって日本国でのICO案件並びに投資家セミナーを行わない方針となったとの事です。

当ブログで記載して来たブロックチェーンラボ案件はすでに資金調達が終了しており、今後正式に本国でのご紹介を承諾されない限りは掲載いたしません。

これはブロックチェーンラボが国内最盛力だったために取り上げられた記事だと思いますが、これをブロックチェーンラボだけの事で収まらない可能性があります。これはコインチェックの事件を引き金に金融庁の取り締まりが強化されたもので、今後ブロックチェーンラボの件を筆頭に日本人はほぼ全ての世界中のICOに参加出来ない規制を敷かれる可能性があります。

さらには海外の取引所では日本国籍を持つ人に取引をさせるには金融庁の登録が必要になり、かなり厳しい基準を強いられることになるかもしれません。単に金融庁登録をすれば良いと言うものではなく、基準が厳しいが為に取引所自体が日本から手を引くような事が起こるでしょう。

実際にアメリカの基準が厳しいが為にアメリカから撤退した大手取引所もあります。

これからICOに参加するときにKYCが必須になり日本人不可のICOが出てくると思います。数少ないICOに参加しようと一瞬で売り切れる競争になり、ICOで儲かる時代は終わりそうです。

このように規制が行われてくるはずですから参加するのであればこういったリスクは最低限理解をした上で参加しましょう。

ここまでは悪いニュースですが、良いニュースもあります。

アメリカアリゾナ州でビットコインでの納税が上院で可決されたそうです。これは仮想通貨が市場がこれからも生き残る可能性、さらには法定通貨が仮想通貨に置き換わる可能性すら出て来たビッグニュースと言えるでしょう。これが認可された事で本格的なブロックチェーン元年と呼べる年の幕開けになるかもしれません。

今日はこの辺で!

 

では( ´ ▽ ` )ノ

shimaTwitterアカウント




スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください