仮想通貨バブル再燃!!!

スポンサーリンク

ばんは!shimaです!ヾ(´ω`=´ω`)ノ

今日のビットコイン相場は上昇していますね!現在の価格は91.7万円、マーケットキャップは3737.9億ドル(235.8億ドル)、ドミナンスは38.7%(▲1.3%)、BTC+BCHドミナンスは43.8%(+1.1%)となっています。

 

USD/JPY 107.588円 +0.23円(+0.21%)

日経平均株価 22,162.24円 ▲28.94円 (▲0.13%)

NYダウ 24,664.89円 ▲83.18円 (▲0.34%)

金価格 5,056円 ▲20円

 

今日は申告所得税の口座振替があったのでやはり売り圧がなくなって買いやすくなったので上昇していますね!

大分遅いですが、所得税もクレジットカードでの支払いが可能です。ただ、決済手数料が取られますから、ポイント還元率が0.87%以上のものでないとあまり効果がありませんが、必要な支払いでポイントがつくなら美味しいと思います。これは5月にくる自動車税にも同じことが可能なので一度調べて見てください!


さて、今日もまたドミナンスが下がっていますからやはりすでにアルトコインバブルが続きそうです。個人的見解ですが、アルトコインバブルが終われば次はビットコインではなく、草コインに流れてくると思います。

それは人間の心理上、安いコインの麻薬に取り憑かれてしまいますからビットコインの上昇率じゃあ満足できなくなりもっと増やそうと考えてしまうからです。

なので今アルトコインを仕込んでいて、良いところまで来ていると思うなら利確してしまいましょう!原資+ α の利確で十分です。そして長い間含み損なコインがあるのであればそれは思い切って損きりしましょう。

損切りの踏ん切りが付かない方は改めてそのコインのロードマップを見ることをオススメします。それでプロジェクトとして伸びそうかどうかそこを改めて考える必要があります。そうすれば冷静に損切り出来ると思いますし、ロードマップを見ることでこの時期までホールドして決めよう!などの判断がつくと思います。

あとは草コインを保有していない人は改めて保有する必要はないと思います。以前から言っていますが、それには突然の規制リスクが付き纏うからです。私は以前からXPを保有していますが、これは仕込みどころが良かったため、以前として含み益ですし、今年もワンチャンあると思っています。

ただ、あえてこれから仕込むよりはアルトバブルをキッチリ活かしてビットコインの保有枚数を稼ぐ方が良いと思います。これは私も何度か経験して枚数増やせるチャンスを逃していますので、皆さんにはしっかり守ってもらいたいところです。

地合いは良くなっていますので、ICOには参加していきたいと思います。昨日紹介したこちら!

https://ambitmining.io/ref/5yGwX5gE

こちらはすでにジョージア州にマイニングファームを持っているチームのICOでトークン保有者には利益の一部をETHで還元する仕組みになっています。

トークンで還元ではなくETH還元なのでPOSのように新規発行で価値が薄まることもなさそうですし、売れ残りはバーンされますので売れ残りによる発行者の中央集権化も防げると思います。あと、面白いのがトークン保有者に議決権を持たせると言う項目があることですね!

ここまでくるともう筆頭株主です。もちろんSCAMリスクがありますが非常に面白いプロジェクトだと思いましたので参加させて頂きました。

もう一つはこちらです。

https://cointelegraph.com/news/south-korean-crypto-exchange-bithumb-to-issue-own-token-in-singapore

こちらは韓国の大手仮想通貨取引所のBithumbが独自のトークンを発行することを検討しているとの事で、バイナンスのBNBトークンのような役割を果たします。取引所トークンは負け知らずで鉄板になってますから非常に人気ICOになるでしょう。

どちらも投資をする際には必ずリスクが伴いますのでしっかりホワイトペーパーに目を通して、自己責任で投資をお願いします。

今日はこの辺で!

では( ´ ▽ ` )ノ

shimaTwitterアカウント

 

XEMの保管するならトレザー

トレザーハードウォレット公式HP

https://shop.trezor.io/

Ledger Nano S - The secure hardware wallet

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください