仮想通貨資産の守りかた

スポンサーリンク

ばんは!shimaです!ヾ(´ω`=´ω`)ノ

今日のビットコイン相場は下落していますね!現在の価格は99.0万円、マーケットキャップは4288.5億ドル(▲27.1億ドル)、ドミナンスは36.3%(▲0.4%)、BTC+BCHドミナンスは42.7%(▲0.2%)となっています。

USD/JPY 109.074円 ▲0.205円(+▲0.18%)

日経平均株価 22,508.69円 +41.53円 (+0.18%)

NYダウ 24,357.32円  ▲101.05円 (▲0.41%)

金価格 5,026円 ▲1円

今日も下げていますね!ですがまだ私の目線は変わらず上です!ですが何か上に行くためのキッカケが無いと爆上げは難しくなったと思います。


さて今日はというか今日もなんですが、仮想通貨の被害は毎日どこかで起きてます。

改めてどう言った事件が主に起きているのかをしっかり考えてみましょう。

仮想通貨の被害は慢心から始まります。

 

私は大丈夫、これくらいのセキュリティで大丈夫そう思っていると突然その日は来ます。私もそうでした!

『今日も仮想通貨ちゃんと入ってるかな?』

『え?無い!!!』

『何で?昨日はちゃんと入っていたのに!』

本当にこうなります!!!マジで!!!

 

ハッカーは無限に時間というものがあるわけで、ありとあらゆるトラップを作り続けます。時間の許すかぎり。私たちはハッカーに追いつかれないために鬼ごっこしてると思いましょう!

私たちは盗まれないための知識をどんどん取り込み続けなければ、知識のアップデートをし続けなければハッカーの魔の手に捕まるということをまず認識しましょう。

ではどのような方法を取らなければならないのか?

 

まずはメールアドレスとパスワードは取引所、TwitterやGoogle等のアカウントまで全て、最低40文字で記号込みでアカウント毎に変えて作成してください。

『覚えてられねーよ!』

 

そうですよね!ですのでこう言ったツールを使ってパスワードを作成してください!

http://www.luft.co.jp/cgi/randam.php

40文字最強で作成しましょう。

肝心のパスワードの保管方法ですが、パソコンの中やスマホの中はダメです!

USBメモリなどに保管してオフラインで管理してください。(紛失や破損のことも考えて2個作りましょう)

次に2段階認証も徹底して設定してください。

2段階認証システうは仮想通貨でお馴染みになっていますが、

TwitterやGoogleアカウントも2段階認証できますから、必ずGoogleもやってください。

Googleアカウント奪われたら寝れないくらい怖い思いしますから、本当に気をつけてください!!!

後は、スマホとパソコンのセキュリティソフトも導入しておくと安心です。メタマスやCRYPTONITEもインストールしておくとフィッシングサイトもブロックしてくれますから安心して使えるようになると思います。

フリーWi-Fiは使ってはいけません!フリーWi-Fiは暗号化されてない自治体がほとんどの為、クレジットカード情報まで丸見えになります。なので外出時はWi-Fiは切ってください。

イレギュラーのパターンとしては、情報ですね!

仮想通貨市場には嬉しい情報、怖い情報がたくさん出回ります。

 

『取引所に〇〇コイン上場?嬉しい!早く取引したい!登録しよう!』

 

『え?あなたのスマホはウイルスに犯されてます?早くこちらのウイルスバスターを導入してください?やば!インストールしなきゃ!』

 

ちょっと待ってください!それは本当に公式が発表している情報ですか?

 

あなたのスマホは本当にウイルスに犯されているのでしょうか?

 

一度そこで冷静になりましょう!ここが大事です。

ハッカーはあなたの動揺を餌におびき寄せます!こういう時こそしっかり情報が正しいものなのか精査して、確認してから前に進む癖をつけてください。

 

最後に、大きな資産はハードウォレットに保管して、守り重視で仮想通貨取引を行いましょう!

今日はこの辺で!

では( ´ ▽ ` )ノ

shimaTwitterアカウント

 

XEMの保管するならトレザー

トレザーハードウォレット公式HP

https://shop.trezor.io/

リップルを保管したいならLedger

Ledger Nano S - The secure hardware wallet

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください