草コイン死滅の時は近い?

スポンサーリンク

ばんは!shimaです!ヾ(´ω`=´ω`)ノ

今日のビットコイン相場は下落していますね!現在の価格は73.1万円、マーケットキャップは2836.0億ドル(▲82.3億ドル)、ドミナンスは40.1%(+0.4%)、BTC+BCHドミナンスは45.3%(+0.1%)となっています。

USD/JPY 110.051円 +0.176円(+0.16%)

日経平均株価 22,555.43円 +276.95円 (+1.24%)

NYダウ 24700.21円  ▲287.26円 (▲1.14%)

金価格 4,918円 ▲31円

やはり上値が重いですね!ここからどうなるかの局面ですが、上に持ち上がらない場合、再度60万円台に突入するでしょう。


さて、今日は韓国の大手仮想通貨取引所のBithemb (ビッサム)がハッキングに遭い、350億ウォン(約33億円)相当の仮想通貨が盗まれたことを発表していますね!これはまだ市場の骨格が出来上がっていない状況ですから、止めるのは難しいと思います。

現金でも同じような事件が毎年起きていますが、ニュースにならないのは預金保険があるため、損害があった際に保険が降りるからに他なりません。これが今後仮想通貨市場にも組み上がってこれば特に大きな問題もなくニュースにすらならなくなるはずです。

仮装通貨はこれからの技術ですから、まだ未熟な技術なんだと理解した上で余剰資金で投資しましょう。


それからこう言った報道もされてますね!

https://jp.cointelegraph.com/news/cboe-global-markets-president-ico-market-to-face-a-regulatory-reckoning

抜粋します。

米シカゴ・オプション取引所(CBOE)グローバル・マーケッツのクリス・コンキャノン社長が、イニシャル・コイン・オファリング(ICO)市場はすぐに2段階に渡る「審判の日」を迎える可能性があると警告した。19日にビジネスインサイダーが報じた

コノキャノン氏によると、第1段階で米国証券取引委員会(SEC)がICOを未登録の有価証券に分類し、投資家が保有しているICOコインが「無価値」になる。この結果、第2段階でICOプロジェクトを推進する企業に対して集団訴訟が相次ぐことになるという。

 「『審判の日』は2段階に分かれてやってくる。最初はSECがICO市場への参加者を取り締まる。次にICOプロジェクトを推進するチームに対する集団訴訟が急増する」

 

このように書かれていますが、私はSECが取り締まりたいのはこれからのICOだと考えています。いつまでのICOはSEC未登録OKだけど、何月からは登録が必要だよ!と

今ある既存の通貨は猶予期間を設けられるでしょう。そうでなければ運営側はICOで得た資金を持って逃げ切るでしょう。SECの狙いは仮想通貨の殲滅ではなく詐欺師の殲滅だと思います。

ですが数あるコイン全てが生き残れることもないでしょうからご自身でのコインの選別は必要でしょう。改めて冷静に自分のコインと向き合ってみてはいかがでしょうか?

今日はこの辺で!

では( ´ ▽ ` )ノ

shimaTwitterアカウント


XEMの保管するならトレザー

トレザーハードウォレット公式HP

https://shop.trezor.io/


リップルを保管したいならLedger

Ledger Nano S - The secure hardware wallet


全ペア取引手数料0%キャンペーン中!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください