コインチェックETH、XEM、 LSK売買再開

スポンサーリンク
ばんは!shimaです!ヾ(´ω=´ω`)ノ 今日のビットコイン相場は上昇していますね!現在の価格は72.2万円、マーケットキャップは2118.8億ドル(▲9.9億ドル)、ドミナンスは52.4%(+0.2%)、BTC+BCHドミナンスは56.7%(+0.1%)となっています。 USD/JPY 113.924円  +0.098円(+0.08%) 日経平均株価 22,269.88円   +19.63円  (+0.09%) NYダウ 25,989.30円  ▲201.92円 (▲0.77%) 金価格 4,839円  ▲45円
日足 4時間足 週足 今日は上昇していますね!明日はチャートで見る限りでは下げてくると思います。4時間足の雲のねじれが14日にあるので、上昇開始はそこからかなと思います。 ファンダメンタルズ的にはコインチェックのETH、XEM、LSKの取引が再開されたことで買いが走ることもあると思います。ですが、日本人はどうしてもXEMに対して懐疑的になっていると思いますので、正直買われるかは微妙かなと感じます。 ETHはチャート的にも良いので伸びるかと思います。LSKは正直今じゃないですね。 コインチェックの一番人気のXRPの取引が再開されれば面白い展開になるかもしれませんね!
本日、『仮想通貨交換業等に関する研究会』が開催されました! その概要がこちらになっています。 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181112-00000575-san-bus_all 現在、仮想通貨のウォレットは誰がどのアドレスを使用しているかは不透明であり、ウォレット間の資金移動は見えても、個人を特定することは困難な状況になっています。 銀行では誰が誰に送金したかは明確に紐付けされていますが、仮想通貨のウォレットには本人確認による紐付けがないので誰か特定出来ないことからマネーロンダリングの温床になるのではないかと言う議題が上がっているようです。 そこでウォレットの作成者には本人確認資料提出による紐付けをしていこうと言うことです。 この流れは以前から想定していましたが、それを紐付けするのは間違いなくマイナンバーになるでしょう。銀行口座もマイナンバー紐付けがされてきていますから、その流れになるはずです! 金融庁がマイナンバーと銀行口座を紐付けしたがる本当の理由は富裕層の資産を把握することです。租税回避したい富裕層と何が何でも税金を搾り取りたい金融庁のイタチごっこはいつの時代でも繰り広げられています。 脱税ではありません。あくまでも合法的に納税を回避することが租税回避です! これから色々なことで国は規制をかけてきます。それをうまく回すことも投資家として必要な情報力を養えますので、常に考える癖をつけることをお勧めします! 今日はこの辺で! では( ´ ▽ ` )ノ

shimaTwitterアカウント


XEM、LISKの保管するならトレザー トレザーハードウォレット公式HP https://shop.trezor.io/?a=shima274594s.com
リップルを保管したいならLedger
Ledger Nano S - The secure hardware wallet

全ペア取引手数料0%キャンペーン中!
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください