[:ja]ビットコイン30万円台に[:]

スポンサーリンク
[:ja]ばんは!shimaです!ヾ(´ω=´ω`)ノ 今日のビットコイン相場は暴落していますね!現在の価格は42.8万円、マーケットキャップは1236.7億ドル(▲154.1億ドル)、ドミナンスは54.4%(+0.6%)となっています。 USD/JPY 112.907円  +0.078円(+0.06%) 日経平均株価 21,646.55円   +139.01円  (+0.65%) NYダウ 24,285.95円  ▲178.74円 (▲0.73%) 金価格 4,857円  +32円
日足 4時間足 週足
今日は朝からおはぎゃーでしたね!一時的にビットコイン価格は39.3万円の30万円台まで落ちていました!そこから急騰して盛り返していますね。 ですがこれでセリクラとは思えません。31万円をつけるまでは底値の確認が取れないのです。ここで底値の確認の定義を説明しておこうと思います。 チャートを見る時には前回の高値(安値)の位置をトレーダーが意識して基本の取引がされています。 週足で見れば分かりやすいと思います。以前は17年の11月からブレずに65万円を底値として綺麗に反発されています。その期間ゆうに丸一年!!これだけ見ればチャートは嘘を付かないことが見て取れると思います。 それをブレイクしたと言うことは次に意識されるのがその直近の安値と言うわけですね!じゃあ、直近の安値はどこかと言うと31万円付近にある丸で囲ったところです。 もちろんここまで下がるかは確定ではありません。今は底値がどこかわからない気持ち悪いゾーンというわけです!だからその気持ち悪いゾーンを抜ける為に、指標として直近安値が意識されて取引されるというわけです。 直近安値で大きく反発されればそれはサポートラインとして機能していると言うことで、逆に弱かったらサポートとして弱いと言うことになるのでさらなる安値を更新する可能性が高くなります。 でも今はその途中で反発していますよね?これは誰かがそれを阻止しようとしていることになります。優秀なトレーダーはこういった下げきってない場面でもボラティリティさえあれば稼げる能力があるため、出来るだけ長く値幅を取りにきます。 このようにチャートは基本さえ抑えればなぜこうなるのかやり続ければ見えてくると思います。 勝てる投資家になるためにもチャート分析は毎日やってみましょう。適当に直感で線を引いて自分の予想と結果を照らし合わせれば少しづつ見えてくると思いますよ! 今日はこの辺で! では( ´ ▽ ` )ノ

shimaTwitterアカウント


XEM、LISKの保管するならトレザー トレザーハードウォレット公式HP https://shop.trezor.io/?a=shima274594s.com
リップルを保管したいならLedger
Ledger Nano S - The secure hardware wallet

全ペア取引手数料0%キャンペーン中!
[:]
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください