今日のBTC相場(11/5)、仕組みを知って投資しよう

スポンサーリンク

ばんは!shimaです!ヾ(´ω=´ω`)ノ

今日のビットコイン相場は上昇していますね!現在の価格は101.9万円、マーケットキャップは2502.8億ドル(+35.5億ドル)、ドミナンスは67.3%(▲0.1%)となっています。

USD/JPY 108.652円  +0.419円 (+0.38%)

USD/CNY 7.0304元 ▲0.0070元 (▲0.099%)

日経平均株価 23,157.42円  +306.65円   (+1.34%)

NYダウ 27,462.11ドル +114.75ドル (+0.42%)

恐怖指数( VIX ) 12.83 (+0.53)  +4.31%

金価格     5,828円  +20円

 Bitcoin金利( 年利 ) Bitfinex1.44%
 Tether(USDT)金利( 年利 )Bitfinex27.34%

日足

4時間足

週足

BitMEX未決済建玉


今日は上昇していますね!一昨日中途半端な下げ方をしていたので気になってましたが、ディセトラ上抜けしてます。でも上がり方としては少し不気味な感じもしますので、上の水平線を明確に抜けるまでは安心できない相場が続くでしょう。警戒しておきましょう!

OIチャートでは昨日の上昇から少しだけOIは下がっていますが動きは僅かなのでここから積まれていく可能性は高いと思います。ショートを積みたい所ですが、焼けて燃料にされる可能性が高いので今は静観が一番だと感じます。

さて、昨日はダウ平均株価が史上最高値を更新しましたね!昨日の始値の段階せ12ドルで最高値だったのでやはりドルは買われて最高値を更新しました。ドル高になった事でBTCは円建ての価格で上昇しています。

ここからしばらくは株式市場はリスクオンのムードが続くと思いますので、BTCもそれに伴い影響を及ぼすでしょう!

個人的な来年の予想は以前もお話した通り、株式市場はバブルになり来年末から世界恐慌が始まると予想してます。

仮想通貨市場も同じく2020年から日本でも資金決済法の改正によって、STOが導入されバブルが始まると考えていますが、勝てるコイン勝てないコインたくさん出てくるでしょう!

私が知る限りICOやメジャーな単価の安いアルトコインにばっかり目が行ってBTCを仕込んでいる人はかなり少ない印象です。

例えば皆さんが大好きなXRPと近々コインチェックにリストアップされるステラ(XLM)の2つを例に上げてみましょう。

XRP、XLMどちらも国際送金を目的として作られたコインです。総発行枚数はどちらも1000億枚。ただしステラ(XLM)は毎年1%ずつ枚数は増えていきます。

ここだけ見るとXRPの方が価値は上がりやすい様に見えます。本当にそうでしょうか?

XRPは2017年の段階ではリップル社が650億枚保有しており、市場には450億枚が出回っていました。

リップル社が大量に売れば市場価格は暴落し大混乱を招くことになると恐れられ、2018年に650億枚の内550億枚をエスクロー社に預託して、2018年から毎月最大10億XRPを放出してます。年間最大120億XRPが市場で増えていると言うことです。

市場で売り切れなかったXRPは再度55ヶ月間ロックアップされ、次の10億XRPが市場に出回ります。これを全て出し切るまで行うのです!

さて、先ほどのステラと比べてみましょう。ステラは発行枚数の1%ですから年間10億枚、リップルの1月分です。

どちらが価値が上がりやすいかもうお分かりでしょう。

と、ここまで書きましたが私はどちらも保有していません。なぜならビットコインの発行枚数2100万枚と言う限りがあり、来年は半減期でマイニングの供給量が半分に減るから、BTCの方が価値が上がりやすいと思っている為です。

もちろんBTCが崩れる可能性もあります。最終的に何が言いたいのかと言うと、仕組みを理解せずに夢だけで投資をしてはいけませんと言うことが伝わって欲しいのが筆者の願いです。

投資家である以上、儲けのカラクリを見極められる様に勉強していきましょう!

今日はこの辺で!

では( ´ ▽ ` )ノ

shimaTwitterアカウント


XEM、LISKの保管するならトレザー

トレザーハードウォレット公式HP

https://shop.trezor.io/?a=shima274594s.com


リップルを保管したいならLedger

https://www.ledger.com?r=d353

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください