各国の通貨ペアの特徴を覚えよう(AUD/JPY)

スポンサーリンク

ばんは!shimaです!ヾ(´ω=´ω`)ノ

今日は通貨の特性を知ろう第二弾として、ユーロと円の通貨ペアの特徴を勉強していきましょう!

(AUD/JPY)豪ドルの特徴

f:id:highlow-australia-binaryoption:20180307154654p:plain

豪ドルは日本時間の午前中が最も値動きが大きいという特徴が有ります。

米ドルは日本時間が開く数時間とニューヨーク市場が開く夜間に値動きが激しい通貨ですが、豪ドルは日本時間の午前中に値動きが大きいため、日本人のトレーダーが好む通貨ペアになっています。

また、豪ドルは高金利通貨のため、低金利の国(主にアメリカや日本)等からオーストラリアにお金が流れる事が多いのも特徴です。ですがオーストラリアは資源の多い先進国で現在も経済成長を続けているため、新興国であるトルコのように下げ続けるようなことはない信用性の高い通貨となっています。

ですが、豪ドルは市場の好景気、不景気の影響を受けやすい傾向があり、投資家が好景気のため積極的リスクを取りにいくリスクオンの場合は上昇しやすく、逆に投資家が不景気を恐れて安全資産に移りやすいリスクオフの場合は下落しやすい通貨です。その他には、各国の株価動向や、地政学リスクなど国際情勢に注意が必要です。

その他の指標としては輸出先の中国の存在です。オーストラリアにおける輸出全体の30%以上を中国が占めています。そのため、中国経済の影響を受けやすい状況になっています。豪ドルでエントリーする際には中国の株式市場にも注目しておきましょう!

今日はこの辺で!

次はポンド円を勉強しましょう!各国の通貨ペアの特徴を覚えよう(GBP/JPY)編

スポンサーリンク

2 Replies to “各国の通貨ペアの特徴を覚えよう(AUD/JPY)”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください