各国の通貨ペアの特徴を覚えよう(EUR / USD)

スポンサーリンク

(EUR/USD)ユーロドルの特徴

f:id:highlow-australia-binaryoption:20180307154812p:plain

世界の基軸通貨である米ドルと世界第2位のユーロなので注目度は非常に高く、ドル円を抑えて世界で最も取引量が多い通貨ペアになっています。日本がまだ新興国だった頃から欧州とアメリカの金融は熾烈な争いをしていたので政治の動きが大きく相場に反映されます。

ユーロドルは非常に取引量の多い通貨ペアですが、一日中活発に取引されているわけではありません。

値動きが大きな時間は22時から深夜にかけて。ロンドン市場とニューヨーク市場の会場が近いので一気に値動きがあります。その為この時間帯で発表される経済指標は更なる値動きに期待が出来ますのでチェックしておきましょう。

ユーロドルの取引に欠かせないのが、米国とユーロの経済指標です。それぞれの経済指標で重要なものは必ずチェックしましょう。

経済指標として大事なのはやはり月初の金曜日の雇用統計です。

ユーロに関しては、毎月発表されるECBの政策金利が挙げられます。また、四半期GDPや生産者物価指数、小売売上高、鉱工業生産などの他、ECB理事会などの重要イベントや、その後のECB議長の発言なども大きな影響を与えます。

ユーロドルはトレンドが出やすい通貨ペアですからトレンドに対して順張りにエントリーするのが良いでしょう。さらに基本的にドル円と逆相関なので、ドル円がが下がればユーロドルは上がり、ドル円が上がればユーロドルは下がります。

取引量の多い通貨ペアなのでトレンドが読みやすく初心者向けかなと思います。初心者の人にはドル円か、ユーロドルから始めましょう。

次回はいよいよハイローオーストラリアの入金方法を伝授したいと思います。

ハイローオーストラリアの入金方法

ここでお気付きの方はいるかもしれませんが、紹介した通貨ペアの中でAUD/USDとビットコインは紹介していません。

まず、ビットコインに関しては値動きが大きすぎて読めない事が要因です。そしてAUD/USDに関しては米ドルと日本円が強すぎて読みにくいことが要員として上がるのでここでは比較的やりやすいAUD/JPYのみをあげさせて頂きます。

今日はこの辺で!

スポンサーリンク

One Reply to “各国の通貨ペアの特徴を覚えよう(EUR / USD)”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください