仮想通貨は政治にも注目しよう

スポンサーリンク

ばんは!shimaです!ヾ(´ω`=´ω`)ノ

今日のビットコイン相場は下落していますね!現在の価格は107.5万円、マーケットキャップは483.8億ドル(▲21.9億ドル)、ドミナンスは39.0%(+0.7%)、BTC+BCHドミナンスは44.1%(+1.1%)となっています。

マーケットキャップも価格も下げていますね!これからしばらくもみ合いするでしょう。ドミナンスが上がっていますからこのままアルトコインはビットコインに吸われて置いてかれると思います。

この時にビットコインに乗るのもありですし、アルトが下がりつつも気にせず買い増ししていくかの戦略どちらを取るのかを決めて徹底的に守りましょう。迷いに迷って欲を出すのが一番消耗します。きっちりルールを決めてトレードしましょう!

さて、今日は色々な情報が飛び交いました。いつも通り危険な情報を先に取り上げていきたいと思います。

このようなフィッシングサイトにご注意ください!

これは仮想通貨取引所のバイナンスのフィッシングサイトです!この赤く引かれたラインに小さな点があるのがお判りでしょうか?しかもきちんとhttps(SSL化)されていますね!これは普通に間違う人多いと思います。

このようにフィッシングサイトも常に進化しています。仮想通貨に限らず、よく使うサイトは必ずブックマークをして、必ずブックマークからアクセスしてください。

新規の取引所開設する際にはコインマーケットキャップから経由してアクセスすることをおすすめします。

https://coinmarketcap.com/

次はこちら!

アメリカ証券取引委員が暗号通貨の「パンプ&ダンプ」グループの取り締まりを開始。1億円以上の制裁となる事件の捜査に協力した密告者には1割から3割の賞金が支払われるとの事。

http://www.globalcryptopress.com/2018/02/us-sec-is-hunting-down-pump-dump-groups.html?m=1

これは事実上の売り煽り買い煽りを取り締まるものになります。特にインフルエンサー等の知名度の高い人が呟くことでのパンプ(買い煽り)、ダンプ(売り煽り)を取り締まることになります。実際にマカフィーやダイモンが呟くだけで価格に上げ下げに大きく影響出てましたからね!

相場である以上は公平に取引が行えるようにするには当然の処置だと思います。これは良い規制ですね!

それからベネズエラではペトロと言う仮想通貨を国家が作りICOをネムベースのブロックチェーン技術を使って行うと発表しましたね!これ自体は前々から言われていたものですが、ベネズエラではアメリカから経済制裁を受けている国ですからこの発表にアメリカが待ったをかける可能性があります。国家ぐるみのICOには当然国家レベルの政治的衝突もあるので、安易に参加すると損失を被る可能性がありますから、しっかり政治にも目を向けて参加を決めましょう。

 

では( ´ ▽ ` )ノ

shimaTwitterアカウント

 




スポンサーリンク

確認不足はGOXのもと

スポンサーリンク

ばんは!shimaです!ヾ(´ω`=´ω`)ノ

今日のビットコイン相場は少し回復していますね!現在の価格は111.4万円、マーケットキャップは505.7億ドル(+3.8億ドル)、ドミナンスは38.3%(+1.2%)、BTC+BCHドミナンスは43.0%(+0.7%)となっています。

マーケットキャップは下げてますが、ドミナンスは向上していますね!日本円建てで見れば全体的に上げてますが、ビットコイン建てで見るとアルトコインは吸われていますからこのままドミナンスが上がっていけばビットコインは再度最高値を見せるかもしれません。

さて、今日はこのようなニュースが飛び込んできました!

http://diamond.jp/articles/amp/160590?__twitter_impression=true

この方はリスクをコインチェックからリスクの専用ウォレットに移して資産を入れていたようで、移した時にコインチェック側ではコインチェックのメインウォレットから齋藤さんのリスクウォレットに直接送金していました。それを齋藤さん個人のウォレットから送金されていると勘違いし、売却時にコインチェックの社のメインウォレットに送金してしまい、そのことでコインチェック側は齋藤さん個人のウォレットに反映することは出来ないと言うトラブルになっていたようです。

これは結論から言うと齋藤さんに過失がある、いわゆるセルフGOXと言うものです!リスクに限らず、基本的に取引所は取引所のウォレットから送金されますから、自分のアドレスを確認しないと言う齋藤さんの基本中の基本の確認作業を怠ったものです。

レジャーやトレザーは毎回受け取りアドレスが変わり、誤って前のアドレスに送金しても問題なく反映されますが、今回の事故の取引所の場合は複数のアクセスが行き交うものですから特定が難しいため、対応してくれるかどうかは取引所次第です。

当たり前の基本動作が出来なければ資産が当たり前のように消えてしまう仮想通貨ですから、確認作業は必ず行なってください。ネムもメッセージがないとセルフGOXするのと同じです。

これはコインチェックに限らず起こりますからきちんと取り扱い方法と管理方法が杜撰な人はキツイこと言いますが、仮想通貨に触れない方が良いでしょう。知識なく使無くしたり、杜撰な管理して盗まれたりして資産が0になっても税金待ったなしで地獄をみますよ。

仮想通貨のリスクは暴落よりもGOXの方だと認識して確認作業はきちんと行いましょう!

 

今日はこの辺で!

 

では( ´ ▽ ` )ノ




スポンサーリンク