貧乏脱出コンサルタント(確定拠出年金編)

スポンサーリンク

こんちゃ!shimaです!ヾ(´ω`=´ω`)ノ

今日も貧乏脱出コンサルタントに時間を作って行きたいと思います。

今日は予定通り、確定拠出年金についてご説明して行きたいと思います。

確定拠出年金はこれも考え方はNISAに近いです。

国民年金や厚生年金は今後も運用していくのが厳しくなってきたので自分の年金は自分で運用して作ってくれ!その代わり、非課税にするよ!って制度です。

 

運用方法としては投資信託によって、複利を生かして運用するものと、

普通に預金をしていく元本を保証されたタイプがあります。

皆さんならどれを選びますか?元本保証を選んだ人は失敗します!確定拠出年金は60歳まで引き出すことが出来ません。元本は確かに保証されていますが、現在の金利は0.001%でしたね?

60歳まで口座を管理するのに毎年保管手数料が引かれてしまいます。そうなってくるともはや自力で預金した方がいいでしょう!

なので確定拠出年金をしていくには必ず投資信託1択にするべきです。

さらに確定拠出年金は最低5000円から1000円単位で上積みでスタートになります。投資信託を普通にやっておけば1000円からスタート出来ますのでやるならやはり投資信託をオススメします。

確定拠出年金には普通の投資信託には無い、所得控除が適用されます。これを謳って証券会社や保険会社は呼び込みかけてますが、忘れてはいけないのが死亡リスクです。

60歳まで引き出せませんからこれだけの為に節税するくらいならふるさと納税がベストな選択といえるでしょう。正直美味しく無いので私はやりません。

一応気になる方はこちらからご覧ください!

https://dc.rakuten-sec.co.jp/about/


ちょうどふるさと納税の話が出ましたのでこちらも書いておきますね!

ふるさと納税とは?

ふるさと納税とは、ふるさとや応援したい自治体に寄附ができる制度のことです。手続きをすると、所得税や住民税の還付・控除が受けられます。多くの自治体では地域の名産品などのお礼の品も用意! 寄附金の「使い道」が指定でき、お礼の品もいただける魅力的な仕組みです。

もっと分かりやすく言うと、応援したい地域に寄付をすれば2000円を超えた金額が翌年、住民税からの控除される(節税出来る)制度で、地域によってはその地域の名産品を受け取ることが出来ますので2000円で美味しい思い出を作ることも出来ます。
詳しい仕組みはこちらをご覧ください。

結構豪華ですね!

さて、今日はこの辺で!

では( ´ ▽ ` )ノ

shimaTwitterアカウント

 

XEMの保管するならトレザー

トレザーハードウォレット公式HP

https://shop.trezor.io/

Ledger Nano S - The secure hardware wallet

スポンサーリンク