ICOブーム終了

スポンサーリンク

こんちゃ!shimaです!

ヾ(´ω`=´ω`)ノ

今日は朝、テックビューロの朝山氏がテレグラムでネムのカタパルトのクローズドβテストプログラム開始のニュースを発信してからXEMは18円台から24円まで高騰しました!

でもすぐに価格を戻していつもの22円くらいに戻ってますね(笑)

この現状を見る限りこれからはニュース一つでは価格の高騰は一時的なものになっていくのかと思います。

5月くらいにはニュース1つで爆発的に値段をあげてましたがこれからはネットで上がった1つの情報では勝てない時代が訪れます!

なぜ勝てないのか?

それは個人投資家に届いた情報は一通り機関投資家に回って、事前に買われた後に発表されているからでしょう。

個人投資家はプロの機関投資家にはファンダメンタルズの分野では確度が違いすぎます。これは今後機関投資家が本格参入していくにつれて、ますます厳しい状況になるでしょう。

 


ファンダメンタルズとは、国や企業などの経済状態などを表す指標のことで、「経済の基礎的条件」と訳されます。
国や地域の場合、経済成長率、物価上昇率、財政収支などがこれに当たり、企業の場合は、売上高や利益といった業績や資産、負債などの財務状況が挙げられます。
ファンダメンタルズをもとに株価や為替の値動きを予測することをファンダメンタルズ分析といいます。


ICOも同じ事が言えると思います。

先月100億調達したパラゴンは
ICO価格は1ドルでしたが
現在は36セント程度です。

KINという著名な案件も先月100億調達しましたが
ICO価格:0.00000043eth
現在:0.00000015eth

どちらも1/3程度となっています。

今まではICOはプレセールから上場するとすぐに数倍〜数十倍になった案件は確かにありましたが、これからはICOに参加できたから勝てるとは限らなくなってます。

これから大きく稼ぎたいと思ってる初心者の方は時価総額が高い銘柄に分散した投資をして、数年規模でじっくり資産を築く心構えがなければ間違いなく消耗するだけです。

ですが常に情報収集は怠らずに!

勝てる方法はその時代ごとに刻々と変化してるだけで、これからは素人では勝てないという意味ではありません。いち早く情報をキャッチするにはそれなりに努力は必要です。

情報があっても環境が伴わなければ勝てない時もあります。常にその時を逃さない為にも常に刃は磨いておきましょう!

では( ´ ▽ ` )ノ

shima Twitterアカウント

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.