Wrappyアプリリリース間近!?

スポンサーリンク

ばんは!shimaです!ヾ(´ω`=´ω`)ノ

今日のビットコイン相場は下落しています。現在の価格は172,0万円、マーケットキャップは674.1億ドル(▲37.8億ドル)、ドミナンスは34.0%(+0.5%)、BTC+BCHドミナンスは40.3%(+0.8%)となっています。

マーケットキャップ回復しませんね。中国のマイニング規制問題、韓国の仮想通貨取引全面禁止等の悪い方のニュースが流れています。中国のマイニングは止まっているようですが、期限や罰則はないとのことですし、韓国の取引禁止の情報はデマニュースだったことが分かっています。最近このようなフェイクニュースがよく流れており、その誤報に踊らされて狼狽売りや狼狽買いによる乱高下が目立つようになっていますね。

情報に簡単に踊らされないように常に情報は収集を続けましょう!冷静な対応出来ないと損しますよ!

さて、wrappyのアプリが2月1日に正式にリリースされます。最初は12月にリリースされる予定でしたが、2月に延期になっております。その延期を告げたメールが届いておりますので貼っておきますね!


新年あけましておめでとうございます。

旧年中はご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。

本年も、お客様の変わらぬご厚情を頂けるよう、スタッフ一同頑張る所存でございますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

いよいよ Wrappyの登場を間近に控え、今後更にWrappyロードマップ及び、Wrappyの近況情報を随時確認頂ける様にWrappy.netのご紹介をさせて頂きます。

「Wrappy」ver.1 公式リリースは
2月1日予定に決定いたしました。

当初は、昨年12月中旬にリリース予定にしておりましたが、昨年発売された「iPhone X」に対応する為にも予定の変更があった事をご報告させて頂きます。

又、Wrapious marketing HK(ラピアスマーケティング香港)運営の、
アフィリエイトプログラムも公式リリースに併せて開始予定でございます。
皆様におかれましては 是非、沢山の方々にWrappy を広げて頂ける準備期間にして頂ければと思います。

本日は取り急ぎ、「Wrappy」 ver.1 公式リリース予定日のお知らせをさせて頂きましたが、Wrappy.netでロードマップや情報開示につきまして今後、随時開示させて頂く予定でございます。
その際は、弊社からも改めてご連絡いたしますので、引き続きご覧頂ければと思います。

きびしい冷え込みが続きますので、
お風邪などひかれませんようご自愛ください。

昨年同様、Wrappy に大きなご支援を賜りますよう、
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。


私はゾンディールの関係者ではありませんし、擁護するわけでもありませんが、2月1日リリースは予定です。延期もあるかもしれません!

日本国内では度重なる延期は有り得ませんが、仮想通貨やってると数ヶ月〜1年の延期は誤差だと思うようにしましょう。もう、ADAなんて上場まで2年間散々延期してましたし、ノアコインなんか1年くらいプレセールしてますからね。。。

この2つ並べるとwrappyは詐欺感出てしまうけど貼ってみますww

上の期間の待ち時間は衝撃的ですね(笑)

 

私はwrappyは本物だと思ってます!

 

wrappyだけではなく上場してるコインでもアップデートの延期は普通にあります。上場すれば詐欺ではないような風潮がありますが、それは間違いです!

上場しても詐欺は詐欺です!上場するのはお金を積めば簡単に出来ますし、上場したらアップデートしますします詐欺や、バーンして価格上げます詐欺で価格を釣り上げて売り逃げもありえます。詐欺師なら訴訟起こされないように上場はさせて来るはずですからね

価格はプロダクトが進んでいれば価格は上場前でも釣り上げることが出来ます。コインを買いたくて買いてくて仕方がないほどのプロダクトになればその時点で需要がありますから、そうなるようにwrappyを盛り上げていけたらと私は思います。

 

今日はこの辺で

では( ´ ▽ ` )ノ

shimaTwitterアカウント

 

スポンサーリンク

ビットコインはオワコン?

スポンサーリンク

ばんは!shimaです!ヾ(´ω`=´ω`)ノ

今日のビットコイン相場は下落していますね!現在の価格は177.6万円、マーケットキャップは711.9億ドル(▲24.4億ドル)、ドミナンスは33.5%(▲0.9%)、BTC+BCHドミナンスは39.5%(±0%)となっています。

全部下落していますね!ビットコインのETF申請がまたも却下されたとのことで資金の入りが悪い状況は続きそうです。

それに加えこのような情報が流れたことからビットコインキャッシュに資金が流れるかもしれません。

その内容の翻訳したものがこちら⬇️ 引用元https://t.co/p3YeAgRN5B


2017年8月、Bitcoinは2つの亜種に分かれました。これらは根本的に異なる経路をとっている。

その後の四半期の状況を見ると、BitcoinのBlockstreamフォークは、Bitcoinのホワイトペーパーに示されているアイデアとは根本的に異なっており、進化的なデッドエンドであることは明らかです。ブリティッシュコロンビア州のブロックストリームは、ブロック・エクスプローラーの将来の金融インフラストラクチャーを構築するためのものではありません。

将来の通貨には、オプションの使用料とインスタント取引が発生しています。 Bitcoinのブロックストリームフォーク(Bitcoin Legacy)は、20ドルの使用料と立上りで終わりがなく、セグウィットが説明されているに過ぎないコミュニティの集まりとしてしたがって、Blockstreamフォークは廃止予定とみなし、従来の技術としてのみサポートすることにしました。

むしろ、私たちはBitcoin Cashであるpostive utility momentumを持つ唯一のbitcoin forkをサポートするという決定を下しました。私たちはBitcoin Cashブロックエクスプローラを導入するための早期決定を下し、引き続き関連サービスを展開します。プライバシーの価値を高めたZCashのような、肯定的な勢いで見つけた他の暗号化ツール用のツールも導入しています。

BitcoinのBlockstreamフォーク( “Bitcoin Legacy”)の将来のサポートは追加しません。将来の予定時点ではそれを完全に非難する予定です。開発は、それが行き詰まっていることを明らかにしました。このような時にはBitcoin CashをBitcoinと呼んでいますが、従来の自動システムのURLを変更してAPI呼び出しを中断しないように努力します。


ビットコインにはライトニングネットワーク実装によりこれまで通り王者の道を突き進めるのか?それともビットコインコア派による最後の神頼みなのか?この開発が実際に行われているのかどうかで戦いが終結するかもしれません。

これからのビットコインの進捗に注目していきましょう。

今日はこの辺で

では( ´ ▽ ` )ノ

shimaTwitterアカウント



ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

スポンサーリンク