CTC

スポンサーリンク

 

こんちゃ!shimaです!ヾ(´ω`=´ω`)ノ

 

現在ICO中のCtCの進捗状況をお話しします。

CtC Poketはいよいよ完成が間近となっています。

本人認証の為のカメラも備わった世界で初めての暗号通貨両替端末機です。

世界的に非常に画期的なものとなることは間違い無し!!

まずは本拠地のあるヨーロッパでの展開を進めていくそうです。

日本での登場も待ち遠しいところですね。

Poket,更にはATMの実装が始まれば、
そこから上がる収益がトークン所有者には分配されていきます。

日本での展開をまたれている皆さんも多いかと思いますが
様々な法律面での確認事項も多いですので
ここは慎重に対応していくということなので、慌てずお待ち下さい。

そしてCtCを所有する皆さんには様々なプライオリティ・パスが付きますが
ここにも新たな特別なプランが加わることになりました。

さて、プライオリティ・パス・プランを改めて見てみましょう。

1)ブロックチェーン・ラボが紹介するICO案件に特別に割引いた価格で  CtCトークンでの支払いができる

2)新たにスタートする暗号通貨価格配信サポートへの有利な条件で参加、支払いができる

3)クリプトカレンシーサポートサービスへの有利な条件での参加、支払いができる。

そしてここに加わるのは何か?

今回の11日のカンファレンスへの参加者には15社以上の暗号通貨企業から
各企業のトークン(暗号通貨)がプレゼントされます。

これは本当に物凄いことで、世界でも初めての試みでした。

世界中の暗号通貨企業からブロックチェーン・ラボの注目は高まっており
マーケティング提携の話が多数進んでおります。

“ なんと!!  ”

CtCのICOに5口、5,000$以上参加保有している方には
今後継続的に様々な暗号通貨企業のトークンを無償でプレゼント致します。

プレICOに参加頂いている方の場合は当時の5口、4,000$参加が対象となります。

今後、取引所への上場後は、
その時の時価で5,000$相当額の所有者へ
無料トークン配布を行っていきます。

取引所での価格が上昇すれば、
現在所有分を売却しながらも
この権利を継続的に有することができることになります。

より多くの安定保有者を増やすことを最大の戦略として
今回のことも決められました。

毎月5箇所の無料トークン配布を目標にしていきます。

仮に月間3社、年間36社の暗号通貨を10$ずつ貰えれば?

これだけで年間360$ということになります。

そしてこれらの企業が取引所に上場した時により大きな価値になれば?

そのリターンは本当に多大なものになります。

仮に平均5倍となっただけでも1,800$ということになります。

5,000$のCtCトークン所有に対して35%以上のリターンになるとすれば?

しかも保有することで継続的にこのリターンが得られるとすれば?

CtC上場後、一部は売却して元本確保の上でこのようなリターンがあるのであれば?

これもCtCが世界で初めて行う試みです。

ブロックチェーン・ラボの実績、マーケティング力を活用しつつ
暗号通貨としての価値を高める戦略を今後も継続して打ち出していきます。

そしてさらにはもう一つ大きな魅力がありますね!!

今回のICO終了後、更には取引所への上場後には
当初バーンする予定だった残りのトークンを使い
今後のICO案件への投資を行っていきます。

その案件が取引所への登録したのち
それぞれのトークンについては市場で売却を行います。

その売却益についてもCtCトークン保有者に対して還元されるのです。

戦略的に暗号通貨としての価値を高める施策を次々に打ち出していきます。

ICO枠も残り少なくなってきました。

1トークン:10¢ 1口:1,000$でご参加頂けます。

取引所への登録は12月中を予定しています。

Ardor(NXT2.0)が稼働後、取引所との繋ぎ込みに2週間~3週間のテストが必要です。

取引所へ登録後どれだけの価値になるか?

これはそのタイミングにならなければわかりませんが
世界中の多くの方が必要とされる様々なプライオリティ・パスが
今後も次々に発表されていきますし、価値は大きく上昇するでしょう。

そして実際にトークンを保有していくことで
そのトークンの上昇メリットを得ながら
様々な形で使っていくことができる。

暗号通貨市場の上昇を享受しながら、自らの成長にもつながる。

かなり素敵な仕組みだと思います。

ICO枠も残りわずかです。

購入したい方はこちらからどうぞ!

http://globalasia.jp/l/c/Mpjz6oPo/oz14K4aa/

これは別案件ですが、ブロックチェーンラボの凄さが分かる映像です!

https://www.youtube.com/watch?v=iMYRWq_lvYk&feature=youtu.be

 

では( ´ ▽ ` )ノ

shima Twitterアカウント

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

スポンサーリンク

PoWとPoS

スポンサーリンク

 

ばんは!shimaです!ヾ(´ω`=´ω`)ノ

 

今朝、というか深夜にビットコインSegwit2Xのハードフォークは中止になり、ビットコイン高騰か?って思いましたが、意外にもアルトが息を吹き返した一日でしたね!

この一連のビットコインのフォークに関する不安は一通り落ち着きを見せていくと思います。ただし、スケーラビリティの問題は解決しているわけではなく、この後もまだまだ議論が続くでしょう。

では、本題に戻りますが今日は予定通りイーサリアムのPoWからPOSに移行する話を伝授したいと思います。

まず、PoWとはなんなのか?そこから説明に入っていきます。

PoWはプルーフ・オブ・ワークと言って、ハッシュパワー(コンピューターの演算能力)の一番高い人に報酬として仮想通貨を付与しますよ!っていうものです。

これに対してPoSはプルーフ・オブ・ステークスと言って、この仮想通貨をたくさん持っている人に比率で振り分けて報酬を支払いますよ!っていうものです。

前者のPoWで一番分かりやすいのがビットコインとビットコインキャッシュです!

PoWはマイナーが独立していますので、マイナーはビットコインとビットコインキャッシュのハッシュパワーを自由に振り分ける事が出来ます。1つのハッシュパワーで両方同時には採掘出来ないので、マイナーは収益が大きい方を掘ることで大きな報酬を得ています。

しかしこれではビットコインのトランザクションが詰まってしまいます。(コンビニのレジで高い商品を買ってくれる人だけを優先するイメージ)

それだけではなく、PoWはASICという機械とものすごい電気代がかかります。

これに対しPoSは電気代はかかりませんが、この仮想通貨をたくさん持ってる人に多くの報酬を支払いますよ!というものなので、マイナーはその仮想通貨から離れて採掘することは出来ません。

株で例えると分かりますよね!A株しかないのにB株の配当は貰えない。そうイメージしてください。

理解出来ましたか?これは初心者向けにかなりザックリまとめました!原文があります。

原文

http://individua1.net/comparative-algorithm-pow-pos-miner-and-validator/?utm_content=buffer78bf9&utm_medium=social&utm_source=twitter.com&utm_campaign=buffer

こちらは上級者向けになります。興味ある方はぜひ見てください。

原文投稿者 indv1さん

Twitterアカウント

https://twitter.com/indiv_0110

 

今日はこの辺で終わっておきます!

キャスパーは後日、まとめます。

では( ´ ▽ ` )ノ

shima Twitterアカウント

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

スポンサーリンク